数学ができない人、数学がなかなか伸びない人は多いでしょう

結論から言ってしまえば勉強方法が良くないんです

数学なんて正しい勉強法と一定量の努力で簡単に伸びてくれます
まず、これから伝授する勉強法は、楽をして簡単に数学の力が伸びる方法ではありません

近頃は、勉強方法の本でも『楽』という言葉を使って受験生を惑わせる本などもありますが、『楽』に手に入った力は実力とならずにあっという間に消えてしまう力です

これから紹介するのは努力さえすれば必ず報われる勉強法です

もちろん、高校何年生であるか、どれくらい数学ができるかによって多少、勉強法は異なります

それでも、その根幹としてあるべき力は同じなので、ここではそれを紹介します

まず、最初に知っておかなければいけないのは、数学の学習において最初にやるべきことは網羅型の参考書の暗記であるということです

代表的なものとしては黄色チャートなどが網羅型の参考書ですね
新課程チャート式解法と演習数学1+A チャート式 解法と演習数学2+B 改訂版 チャート式 解法と演習数学3+C 改訂版
上記画像クリックでアマゾンでの詳細情報

数学が暗記だというと違和感を覚える人も多いかとは思いますが、基本問題や標準問題の解法を丸暗記することは非常に大切です

『とりあえず買ってみる』くらいの考えで適当な問題集を買って勉強を始めてしまう人もいますが、必要な解法が頭に入っていないまま問題集に取り組んでも、わからない問題が多かったり、解けたとしても行き当たりばったりな力が付くだけとなります

まずは順序を追って、網羅型の参考書の暗記に取り組みましょう

では、暗記に取り組むとして、どのように取り組むべきでしょうか?

問題があって解説があるのだから、問題を解いてみて、わからなければ解説を見て、というような勉強をする人が多いんじゃないでしょうか?

正直言って、時間の無駄です

だって、考えてみてください

網羅型の参考書を買った目的って、解法の暗記じゃないですか

それなら、勉強をしている段階で問題なんて解けなくても当然だし、解けても大して意味がないんです

大切なのは、その参考書を終えた時点で問題が解けるようになっていることなんですよ

では、どのような勉強法が効率的なのでしょうか?

それは、解答、解説を先に読み込んでしまうんです

式を順に追っていって、どんなことをしているのかを把握するんです

解説を先に読んでから、問題を覚えたかの確認のために、初めて問題を解くので十分なんです

その段階で問題を解くときも、一分以上ペンが止まったときにはすぐに解答を読み込みましょう

歴史科目と同じなんですよ

自分で解くよりも、解説の暗記のほうに時間を割くんです

もちろん、シャーペンを動かして確認しないと覚えられない人もいるでしょう

だったらその部分だけシャーペンを動かせば良いんです

この方法だとかなりのペースで解法の暗記が可能となります

一通りの暗記が終わったらもう一度確認がてら、問題を解くときちんと暗記ができているかの確認ができるんです

さて、上では網羅型の参考書として黄色チャートを紹介しましたが、黄色チャートはなかなか厚さがあります

全部やるとなるとなかなか時間が掛かります

もしも学校などの授業のペースが早く、既に初修でないのであれば黄色チャートよりも河合塾から出版されているチョイスシリーズがオススメです
チョイス新標準問題集数学1・A (河合塾シリーズ) チョイス新標準問題集数学2 (河合塾シリーズ) チョイス新標準問題集数学B (河合塾シリーズ) チョイス新標準テキスト数学3・C (河合塾シリーズ)
上記画像クリックでアマゾンでの詳細情報

このシリーズは黄色チャートよりも問題数を絞っているので短期間での解法暗記が可能なんですね

さて、この方法で解法暗記を終えたとしても問題演習不足は明らかです

初見の問題には挑んでいないわけですから

ここで初めて問題演習に挑む必要性が出てくるんですね

多少レベルは上がりますが、新数学スタンダード演習などがオススメですね
大学への数学増刊 新数学スタンダード演習 2012年 04月号 [雑誌]
上記画像クリックでアマゾンでの詳細情報

つまり、数学の能力を効率的に上げるために重要なのは、解法暗記と問題演習の段階をしっかりと分けることなんです

問題を解くのは問題演習の段階で十分なんですよ

解法暗記の段階で問題を解くのに時間を使ってしまうことが一番もったいないんですね

続・数学で全国一位を取った僕が数学の勉強法を伝授