数学1+A+2+B極選50 実践編 (大学入試数学問題集)
by 通販最速検索 at 2013/06/11

上記画像クリックでアマゾンでの詳細情報

旺文社から出版されている演習問題集のレビューです

評価は星三つ

☆☆☆★★

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062573121/axaxawaw-22/ref=nosim/
極選シリーズの中で,本書は,数学の問題演習を通じて習得すべき数学の基本事項,いわば,実践的な闘いに向かう際の心得を最初に凝縮して示し,読者はそれを理解した上で実践的な演習問題に立ち向かってもらうという構造をもったものです。数学的な概念の理解なしに個別的な問題演習に向かうのは,地図やコンパスなしに深い森の中を木々に目印をつけているようなもので,いくらやっても,森を理解することも森から脱出することもできません。反対に良い地図や正しいコンパスがあれば,どんなに深い森ももっとも能率良く抜けることができます。本書で扱うのは,文部科学省の学習指導要領の言葉で言えば,数学I,数学A,数学II,および数学Bの「ベクトル」と「数列」の範囲に属する数学的主題です。


問題のバランスが悪くていつ取り組めば良いのかわからない問題集

これが僕のこの本に対する感想です

収録されている問題数は少ないのに、その中でかなり難易度にムラがあるように感じました

簡単な問題は基本問題に毛が生えたレベルですが、難しい問題はかなりアプローチに悩みましたね

そして問題だったのが

解説がわかりにくい

特に必要ないところで式が細かく書かれている一方で、丁寧に書いてほしいところで式がすっ飛ばされているように感じましたね

著者の長岡氏の別の著作を解いたときは解説のわかりにくさは感じなかったんですが、この本の解説はわかりにくかったです

僕自身、解説は最低限でもかまわないし、それでも理解くらいはできるだろうっていう適当な考え方をしているので、解説がわかりにくいと感じることはあまりなく、びっくりしました

何か別の本を読んでいることを前提として書かれている本ではないので不思議ですね

さて、もしもこの本に取り組むのであればその時期を考えなければいけません

少ない問題で数学ⅠAⅡBの問題演習ができるのですが、難易度のバランスが悪いので、網羅系の参考書を覚えた直後の問題演習としては使いにくいです

数冊分の問題演習を終えてから取り組むほうが良いでしょう